• TEL: 022-225-6858
  • 心ゆたかな社会をともに創る


 

2016年6月に000ZENH株式会社から

新たに株式会社AO BAに社名変更し、代表取締役に就任いたしました。

以前は兄が立ち上げた銅製作部門を中心に展開しておりましたが、

それが株式会社タゼンに移行し、全く新たな立ち上げから経験することになりました。

 

社是に「心ゆたかな社会を共に創る」を掲げることになったきっかけは、14歳の時にさかのぼります。

 

14歳の頃、私は中学校へ行くことを止めました。

体の調子が非常に悪かったということもありましたが、

小学生の頃から学校という制度や、世の中の流れに疑問を感じながら生きて来たために、

この機会をきっかけに、一つの枠組みにとらわれない生き方をしてみようと思いました。

 

沖縄のインターナショナルスクールに2年間通った後、

身近な「家族」を学びのテーマに「生きる力」はどこから湧いてくるのかを学ぶ道を選択しました。

 

きっかけは1999ー2000年。

問題解決の本質的な糸口は、問題の直中で、その世界を味わい見ている当人でしか解決できない・・

という決死の思いで出会った先が、森眞由美氏(アーティスト・教育学博士)と

「地球に存在することの本質を学ぶ」地球大学(現:NPO 000 PAF GLOBAL UNIVER-CITY)でした。

 

そこでは様々な分野の専門家たちが年齢や立場をこえて、

持続可能な共同創造社会のひな形を2010年までに立ち上げるために

地球社会に必要かつ本質的な学びの場を、フォーラム、講演会形式で開いていました。

 

普段お会いすることのないような教育関係者や自然農の実践者、

世界各地で活動するアーティストや科学者、平和活動家の方々を直近で眺めながら、

「課題や問題の中にこそ、本質的な資源が眠っている」

「家族は社会のひな型。身近な家族と平和な関係を維持することは、宇宙にロケットを飛ばす以上に難しい」

というキーワードが耳に入ってきた時に、直感的に「これだ!」と感じたのでした。

 

中でも私の心に最も深く響いた言葉は、森眞由美氏の書籍とある科学者の詩の一節でした。

 

「一粒の砂の中に、宇宙、地球文明の全歴史を見る」

 

古い記憶なので定かではありませんが、

それはまさに私たちの生命の歴史をうたっているようでもあり、

一つの存在(出来事)の中に、どれほど目に見えず準備されてきたものがあるのだろう

という膨大なスケールへの気づきでした。

 

同時にその一粒の砂がどんなに小さくても、

本質的なひな形として伝えてくれていることの真実は、とてつもない生命の奥深さ恵であり、

これこそが一人一人が存在する「生きることの本質」ではないかと確信したのです。

 

人は単に食べ物を食べて生きているだけではない。それ以上の深い何かに突き動かされて生きている!

そういった感動が、そのまま生命力に繋がったように感じます。

 

私自身与もえられた資源を最大限に活かしながら、

「生きることの本質・ゆたかさ」を皆さんと共に確認し、心ゆたかな社会を共に創造していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

株式会社 AO BA

代表取締役 田中ひとみ